「駅メモ!」もしかして普通に課金しているの?

雑事考 ~ヒマだったので色々考えてみた~ No1 ドラゴンクエストビルダーズ2

ライター「一ノ谷直実」が連ねる駄文の1シリーズ。多くはヒマつぶしのために考え始めたという意味の分からない動機で書かれています。しかし、せめて世に出すからにはそれなりのものにしようと頑張って書いたものでもあります。初回は「ドラゴンクエストビルダーズ2」に関する話題のようですが・・・?

以下本文

雑事考 ~ヒマだったので色々考えてみた~ No1

ドラゴンクエストビルダーズ2

目次

  1. 前置き
  2. そもそもどういうゲーム?
  3. ドラクエ夏祭りでの出来事
  4. 旅の仲間「少年○○」
  5. 根拠
  6. 最後に

前置き

忌まわしきシリーズ第一作。今回は先日発売が決定されたゲーム。スクウェア・エニックス社の「ドラゴンクエストビルダーズ2」(以下ビルダーズ2)の、今の時点で予想できるストーリーを考えてみたいと思います。個人的な考察なのであくまで参考として扱っていただければ幸いです・・・ハイ。

そもそもどういうゲーム?

まずこの「ドラゴンクエストビルダーズ」というのは、「マインクラフト」に代表されるブロックメイクゲームに、ドラゴンクエストのRPG要素を追加したブロックメイクRPGと呼ばれるゲームです。ドラクエの世界観の中で自分の思うままに物を作れるというのが最大のウリとなっています。ビルダーズ2はその第二作に当たるものです。

ドラクエ夏祭りでの出来事

今回考察するにあたっての材料は、ビルダーズ2の発売が発表された「ドラゴンクエスト夏祭り2017」で明らかになったことです。会場では事前になされていた質問に対する回答という形等で様々なことが発表されました。ではストーリーに関係しそうな事はというと・・・

YouTubeはこちら↓

公式【ドラクエ夏祭り】ドラゴンクエストビルダーズ2発表!

なんと一点のみ!!     どうしろってんだ・・・。

まあ仕方ありません。実はファンの間では多少知られていることではありますが、ドラクエはストーリーに関して「プレイヤーの想像に任せる」として明言しない事が多々あります。

素材は与えるから自分たちで探して考えなさい。動画で回答していらっしゃる「ドラクエの生みの親」ことシナリオライターの堀井雄二氏の昔から変わらぬスタンスなのです・・・。

そういうわけなので、気を取り直して本題に入りたいと思います。

旅の仲間「少年○○」

それではたった一点のストーリーに関するキーワードを考察していきます。

そのキーワードとは、旅の仲間「少年シドー」です。

堀井雄二氏の口からその言葉が放たれた時、会場は少なからぬざわめきに包まれました。それもそのはず、シドーとは「ドラゴンクエストⅡ悪霊の神々」のラスボスとして知られた、超有名モンスターなのですから。

私はまずこの時点で、骨組みとなるストーリーの仮説を考えました。

「ビルダーズ2はドラクエⅡの世界観を利用しているのではないか」

これはかなり確信のある仮説です。といいますのも、前作はドラクエ1の世界観を利用していたからです。

初代であるドラクエ1の次の作品として発表されたドラクエⅡ。この作品はドラクエ1の未来の世界を描いた作品です。となれば!ドラクエ1の世界観を利用したゲームの次回作がドラクエⅡの世界観を持つ物であっても全く不思議じゃありません!

根拠

根拠はほかにもあります。発表を見て多くの物、いわゆる先述の「素材」を見つけました。

まず第一に、「主人公が犬を連れていた」という点です。ドラクエⅡは同じように犬を連れ歩くことがあるのです。

第二に、「かぜのマント」という言葉です。主人公が高所から飛び降りた直後、何か布のような物で飛行を始めたのですが、その際に堀井雄二氏が「かぜのマント」と仰ったのです。このかぜのマントとは、ドラクエⅡにおける重要アイテムなのです。このアイテムも、高いところから飛び降りて滑空するアイテムです。

最後に

今回思いついたのはこのくらいです。現状公開されている情報が少なくこれ以上はいかんともしがたいです。新たな情報の公開が望まれますが、公開されれば適当なときに新たに考察を始めたいと考えています。

 

あとがき

今回の考察に興味を持ってくれた方はぜひ次回もご参照願います。「雑事考」に興味を持っていただいた方は、機会があればどうぞこれからもご覧になっていただ(期待)です・・・。ハイ。

それではまた次の機会に

一ノ谷直実

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)