「駅メモ!」もしかして普通に課金しているの?

「とりあえず持っとけ」現役大学生が車通学するメリットを紹介するよ。

こんにちは、ロイです。2018年現在車で通学している車持ち大学生です。今暮らしている家にも駐車場があります。今回は大学生が車を持つことによるメリットやデメリットを紹介していこうと思います。

迷っている大学生、そして車を持っている大学生は読んでおくと損はさせないっ!

悩んでいる大学生・短大生へ

さぁ、大学生の君!自宅から車で通うか、大学近くのアパートを借りて自転車または徒歩で通学しようか悩んでいるじゃないでしょうか。車通学している僕から言わせてもらうと、車は持ってた方が絶対に良い!

まぁ、車を買うのにも持つのにもお金はかかってしまいます。しかし、もし車を持てるとしたらご両親に買って貰うか、ご両親に譲って貰うパターンが大学生には多いと思います。またバイト代で中古の軽自動車を購入するパターンも多いのかな。(バイトかなり頑張らないと)

僕の場合はありがたいことに、両親に借りるという形で車を手にしています。貰ったわけではありません。

サンキュー。マミーそしてパピー。

まず、大学生の通学手段の平均を知っておきましょう。

バス……32人(11.6%)
鉄道……139人(50.2%)
自家用車……20人(7.2%)
オートバイ……12人(4.3%)
自転車……46人(16.6%)
その他……28人(10.1%)

参照 マイナビ学生の窓口

大学生の通学手段の割合

自家用車の割合は約7%少ないですね。ほとんどが電車で通っているという結果になります。

つまり、大学生の100人の中のうち7人しか車を持っていないのです。とは言っても車は持っているけど、車では通学しない大学生もいるだろうから実際には2割くらいですかなといった印象です。

しかし!その2割に入れるのは大きいです。普通の大学生より少しリッチな、はたまた大人な大学生へとなれるのです。

大学では時間がたくさん出来るので遊びに行くのにも何かをするのにも車があればかなり役立ちます。もちろんデートだってさ!

メリット1:通学がマジで楽

ヤッホーい

大学1年生の時は徒歩通学でした。それもそのはず大学の学生寮で住んでいたので、大学までの通学距離がめちゃくちゃ近かった。だから車いらない。駐車場も借りれなかったと思います。

当時は「車なんて別にいらなくね。自転車さえあればどこでも行けるし〜」と思っていました。

大学までの徒歩通学は特に不満はなかったです。2年生から学生寮を出ることになり、アパートを探します。僕の場合は両親が遊びに来れるように駐車場のついている家を探していました。そして駐車場付きの家に住むことになったのが2年生でした。

大学からは少し離れた所でしたが、自転車では十分通える距離なのでそこに決定し住むことになりました。ここまでは車通学なんて考えてもいなかったです。

そして色々あって両親が駐車場あるということで車を貸してくれることになりました。ここから私の車通学が始まります。大学の駐車場には基本的に学生が止めることの出来る駐車場があります。

注意
大学によっては車通学の許可がいる大学があるので、事前に学生課などでしっかり問い合わせておきましょう。
そして、ついに毎日通っていた自転車コースを車で通うようになったわけです。

僕の場合は朝おきてそのまま車に乗り込み

お気に入りの音楽を流していざ大学へ…

「最高~!これは自転車通学にはもう戻れねぇ」

僕が田舎暮らしのせいもあって、電車とか人混みが苦手なので、一人の空間を作れる車は正直、最高でした。音楽も聞けるし、エアコンを入れれば快適な気温に!もちろんラジオだって聞ける。

これだけでも十分最高だと思いますが、大学へ行っても疲れないし、何より早く着きます。大学の講義が終わってから、また部活動・サークル活動があって疲れているときも車で楽に帰ることができます。

車好きならなおさら最高の一言しかありません。

メリット2:どこにでも行ける(自由の翼を手に入れろ)

車があれば、日本中どこにだって行けます。古今東西どこでも行きたい時に行こう!大学生は時間だけはあるんだから。高速に乗って行くのも良し。下道で友人とワイワイしながら喋りながらでもいいし、自分の大好きな曲を聴きながらドライブするのも十分楽しいものです。

休日に僕は1時間かけてお気に入りの温泉に行くことにハマっています。朝風呂が最高なんです。

また、友人と隣の県に行ったり、一人で朝から山奥の温泉に行くこともあります。車を持つとどこでも行けちゃいますよ~ってこと。

もちろん大学の通学だけじゃなかったり、近くのスーパーやホームセンターとか。友人の自宅に行くときも車で行けますよね。大きい買い物とかする時は車の中に積み込めるので便利です。

今の時代だいたいの車にナビが付いているので簡単にナビで行き先を決定して好きなところに行っています。ナビのない車の場合でもスマートフォンのマップを使えばナビの代わりをしてくれるので安心です。

MEMO
個人的にはGoogleマップの方が並のナビより性能が良いような気がします。

その際は、スマートフォンホルダーと言われるスマホを車に固定するアイテムが便利です。僕も父の誕生日にプレゼントしたこちらの商品がすっごく使いやすいです。iPhoneはもちろんですが、だいたいのスマートフォンに合います。また取り付け・取り外しも簡単で横の出っ張りの部分をカチっと押すだけです。

こちらの商品Amazonでは「スマートフォンホルダー」部門でベストセラーに選ばれています。正直今の時代ほとんどの車に付いているのではないのかなっていうくらい普及している商品です。

ちなみに私の父と私が使っているのがコレです↓iphoneだと基本なんでも取り付けることができます。

メリット3:交通費が節約できる

交通費って意外とバカにできませんよね。僕の場合は県を一つまたぐので、実家に往復するだけでも往復で3000円から10000円かかります。料金は距離や場所によるのでピンからキリまでですが。遠距離の場合、少し出かけるだけでも電車代・バス代で交通費がかなりかかってしまいます。

車で実家までの交通費を知りたい方はこの方法だと交通費(ガソリン代)が簡単に正確に調べられるのでおすすめです。

  1. 自宅を出て最寄りのガソリンスタンドでガソリンを満タンにする。
  2. 自宅から帰るときに自宅を出た際に入れた最寄りのガソリンスタンドでもう一度満タンにする。
  3. ガソリンを満タンにした料金が実家まで帰るための交通費になる。

ここで、公共交通機関と自家用車の交通費そして時間を調べて見ます。

それと、車の場合は最短ルートを選べるので家に帰る時間も短縮できちゃいます。実家に少しでも長く居たい僕には最高です。

費用に関しての料金は福岡県から大分県までです。(高速道路は使わないとします)

  • 公共交通機関     交通費7000円  時間3時間
  • 自家用車          交通費 1600円   時間2時間20分
お得ポイント
浮いたお金5400円分 (7000−1600=5400)
浮いた時間40分間  (3時間ー2時間20分=40分)

ファーーーー!(°▽°)

実家によく帰る学生や、実家から大学に通う学生。そしてよく遠出をする学生には自家用車を持つことがベストだと言えます。まさに僕のことです。

このまま聞くと、メリットばかり…しかしデメリットも、もちろんあります。あらかじめデメリットを確認しておくことでデメリットをなくすことも出来るのでよく確認しておきましょう。



デメリット1:お金の話

たとえ、交通費が浮いたとしてもやはりお金かかかってしまいます。まず車体本体を購入する場合です。両親に車を譲ってもらう・買って貰う方は、両親の方が詳しいと思うのでココは飛ばして読んでください。しかし車の購入を考えている人は必読です!!

大学生が車を購入を考えている場合はだいたい中古の軽自動車になるかと思います。まず軽自動車ですが中古車でもできれば30万円以上を購入するのが好ましいです。

正直なところ、30万円以下の格安車って、トラブルが発生しやすいのであまりおすすめできません。 予算がないのに頑張って高い新車をフルローン購入するユーザーもいますが、 そうではなく、返済が楽な、50万円以下の程度の良い中古車なら 『あり』 じゃないでしょうか。 しかし、程度の良くない中古車が多いのも50万円以下のゾーンで、
1~2年以内にトラブルが発生するリスクもありますので慎重な判断が必要です。

出典:http://xn--w8j617gyqftmh08bz2loz1f.jp/

頑張って頭金10万円をバイトで稼ぐなり両親に頼むなりしましょう。そしてローンで購入するのもありですね。

注意
消費者金融とかで借りるのはオススメしません!あとあと大変なことになる場合が多いです。
なるべく消費者金融には頼らず。ローンを組みましょう。

また両親にローンで購入して貰って、両親に毎月ローン代を支払うのが一番現実的でオススメです。

両親が買ってくれたら大学でしっかり勉強して、親孝行してくださいね。

軽自動車の維持費は年間いくら?また月にどれくらいかかるのか

あくまで大学生で月に5回くらい遠出している僕の場合です。

維持費軽自動車備考
自動車税10,800円1年に1度
重量税  8,200円2年に1度
自賠責保険26,370円2年に1度
ガソリン代※1 72,000円 月に6,000円
駐車場代        0円家賃に含まれている
任意保険※2200,000円 月に16,500円
車検代※360,000円2年に1度
消耗品費   2000円年間

大学生だと任意保険くそ高いっていうのが辛い点。これでも僕は任意保険は安いプランです。

1年で33万2千円かかっちゃいます

月に換算すると27500円です。車関係はガソリン以外は全て両親にお世話になっているので、本当に感謝しかありません。絶対親孝行しようと思います。

任意保険は運転すれば、するほど、安くなっていくので今は高いのは仕方ないと考えるべきだと思いますが、やっぱり大学生で車を持つのはお金がかかりそうですね。両親の力なしで車を持つにはハードルが高そうです。



デメリット2:友人にたかられる

上記で述べたように、大学生で車を持っている割合は約2割。つまり車を持ってない友人が「乗せてよー、連れてってよー」とたかられます。

「ええぃ、だまれ!だまれーー!」状態なわけです( ;∀;)

しかし、長距離になると、友人とガソリン代を割り勘にしたりとメリットもあります。そして何より友人は大切にしておけば、いずれ自分にも返ってくるものなのでまぁ問題なしです。僕はそう自分に言い聞かせて運転しています。

知らない人の送り迎えをしているわけではないので、友人だと思えば心おきなく乗せてあげましょ。海のような心を持つ男になろうぜ!

それでも無理だという方は最悪、一回乗車ごとに200円ていう金額を決めておくのも手ですね。車は持つということは便利ですが、お金がかかります。友人もわかってくれると思いますのであらかじめ了承を得ておきましょう。

MEMO

損得関係なしに付き合える友人がいるって本当に素晴らしいことなんだよ。

大学3年生・4年生から車通学を始めるのがベスト

わたしは大学二年生から車を持ちました。しかし大学では単位や就職の関係で、学校に週に1回しか行かないでいいことがあります。

つまり3年生で全ての卒業単位を取り終わり、4年生から就活だけに専念。また就活が終われば実家から通った方が楽だし、効率的です!

ポイント
実家暮らしだと家賃・食費・水道光熱費とか全く必要ないためかなり節約できます。

また、4年生から週に1日しか講義に出なくては行けない場合だと、両親の車を借りることができるかもしれません。僕は4年生までに卒業単位を全て取り終わり、実家から大学に通う計画を立てています。そのためにはしっかりと大学生は単位は取ろうと思っています。

実家通いのメリット

  • 家賃・食費・光熱費 無料
  • 長距離でも車だと楽
  • 最悪車に寝泊まりすることもできる
  • 両親に車を借りやすい
  • 大学の通学中に買い物もできる

最後に今から車を持つ大学生に言いたいこと

任意保険は高くても入っておきましょう。車の走行中はなにが起きるかわかりません。

安全運転を心がけて行こう!眠くなったらどこかに車を止めて寝よう。もしくは、お気に入りの音楽を大音量で流して、思い切り歌おう!←コレかなり目覚めます。

友人や家族など誰かを車に乗せたときほど、気をつけて運転するようにしてください。人の命を預かってますから。

車を持ったら、一人でも友人でも恋人でも誰でもいいから出かけようぜ!日本中どこでもいけちゃいます。好きな時間に好きな人と好きな場所に行けるのが車の最大のメリットだ!

もう一度言いますが、車を持つことが出来るなら持っていて損はありません!。ただ、東京とかめちゃくちゃ都会はわかんない!

目安としては、駐車場の料金が6000円くらいまで!だったら車を持っていても全然良い!それ以上高いなら都会だからお金がない人は諦めた方がいいかも!

以上。ここまで

大学生の読んでくれた皆、素敵な運転ライフを祈っているぜ。

と…ロイは物語った。

大学生が免許取るなら合宿免許がオススメ

ちなみに私は運転免許は免許合宿でとりました。あの2週間くらい泊まり込みで取る例のアレです。

私は合宿免許でマニュアル車の免許を最短の16日間で取ることができました。結構悲惨なこともありましたが、終わりよければ全て良し!ということで今では満足しています。

↓こちらで詳しく合宿免許で経験したことを紹介していますので、少しでも合宿免許を検討している方はのぞいて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)