「駅メモ!」もしかして普通に課金しているの?

ガンダム・ジ・オリジン最新作公開記念 機動戦士ガンダム(宇宙世紀)の時系列

始めに

本年9月2日より全国35の映画館で、ガンダムジ・オリジン最新作『激突 ルウム開戦』が公開されました。それを記念して今回は機動戦士ガンダムにおける宇宙世紀の時系列を取り扱いたいと思います。

同じようなテーマを扱ったものにNHKの制作した『その時歴史が動いた:特別作品 宇宙世紀の歴史が動いた』があります。番組を編集した動画『一年戦争史』を現在Youtubeで見ることができます。

『宇宙世紀:UC』とは・・・

宇宙世紀:Universal Century 略称U.Cとは、機動戦士ガンダムにて独自に用いられている暦のことです。またこの暦を用いている作品を『宇宙世紀シリーズ』と呼んでいます。この宇宙世紀は私たちが現実にて用いている西暦に続く暦という設定なので、宇宙世紀シリーズは未来世界の話ということになります。

宇宙世紀元年・ラプラス事件

人類は増えすぎた人口を宇宙に移民させることによって解決しようとしました。ラグランジュ・ポイントと呼ばれる地点に作られたスペースコロニー群は、各ラグランジュ・ポイント毎に1~7のサイドに区画され、人々はここで子を産み、育て、死んでいくことになりました。

 

地球を統治する『地球連邦』政府は、宇宙への植民が開始される年、西暦から宇宙世紀への改暦セレモニーを、宇宙にある地球連邦首相官邸『ラプラス』にて執り行いました。宇宙世紀開始の宣言を全世界が祝福をもって見届ける中、ラプラスは初代首相『リカルド・マーセナス』ら会場にいた人々もろとも爆破粉砕されました。

この事件は『ラプラス事件』と呼ばれるようになり、反乱分子によるテロと言われていましたが、実態が解明されるのはその95年後の事になります。

破壊されたラプラスの残骸

それ以後の運命を暗示するかの如く、宇宙世紀は流血によって開始されたのです。

年表

  • 西暦1999:地球連邦政府誕生
  • 西暦2045:コロニー公社による宇宙移民計画始動
  • UC0001:宇宙世紀開始、ラプラス事件

作品

機動戦士ガンダム・ユニコーン

 

UC.0079への歩み1 ニュータイプ思想とジオン

アースノイドとスペースノイドの対立

地球連邦政府の主導による宇宙への移民は、人口増加によって生じた諸問題に対して一定の成果をあげました。しかし、宇宙に暮らす人々『スペースノイド』は開拓者的存在であり、彼らを統治しているのは地球連邦を主体とする地球に暮らす人々『アースノイド』でした彼らにとってスペースコロニーはただの植民地に過ぎません。アースノイドによるスペースノイドに対する支配と抑圧は次第に強くなっていきました。

当然ながらスペースノイドの地球に対する反発は高まりました。UC.0058.政治活動家の『ジオン・ズム・ダイクン』は、地球から最も遠いサイド『サイド.3』においてジオン共和国の樹立を宣言。地球連邦政府の抑圧から脱しようとする動きを見せました。

ジオン・ズム・ダイクンの胸像

ニュータイプ思想

ジオン・ズム・ダイクンには一つの思想がありました。宇宙に暮らす人々はそれまでにない新しい環境に対応して、より優れた人類『ニュータイプ』となる可能性があるとする思想です。ニュータイプはその優れた能力によって、全ての人類が分け隔てなく付き合うことのできる方法を模索できるという希望が込められた思想でした。しかし、UC.68.にジオン・ズム・ダイクンが死去すると、その腹心の一人であった『ザビ家』の『デギン・ソド・ザビ』がジオンとニュータイプ思想を引き継ぎました。この事が、後に起こる忌まわしい出来事の始まりとは、まだ誰も知りませんでした・・・。

年表

  • UC.58:ジオン共和国樹立
  • UC.59:地球連邦政府、サイド.3への経済制裁発動

主な作品

機動戦士ガンダム・ジ・オリジン1 青い瞳のキャスバル

UC.0079への歩み2 ザビ家のジオンとMS開発

ザビ家のジオン共和国掌握

UC.68.ジオン・ズム・ダイクンが演説の途中に突如倒れそのまま亡くなりました。彼の腹心の一人であった『デギン・ソド・ザビ』がジオン・ズム・ダイクンの後を継いでジオン共和国を受け継ぎましたが、同じくジオン・ズム・ダイクンの腹心であった『ジンバ・ラル』はこれをデギン・ソド・ザビ率いる『ザビ家』の陰謀と考え、ダイクンの遺児『キャスバル・レム・ダイクン』とその妹『アルテイシア・ソム・ダイクン』を擁し地球へと亡命します。この一連の騒動でザビ家は次男の『サスロ・ザビ』を失いましたが、ジオン共和国を手中に収めることに成功します。

中央下が当主『デギン・ソド・ザビ』左から4子『キシリア・ザビ』末子『ガルマ・ザビ』3子『ドズル・ザビ』長子『ギレン・ザビ』

ミノフスキー粒子の発見とMS

UC.69.物理学者ミノフスキー博士によって新たな粒子が発見されました。『ミノフスキー粒子』と名付けられたこの粒子は、濃密な物になると赤外線や電波を阻害し、レーダーやミサイル追跡を無効化してしまうことがわかりました。これに目を付けたのがザビ家のジオン共和国で、来るべき地球連邦との戦いに役立つと考えました。

ミノフスキー粒子による電波妨害の仕組み

というのも、ミノフスキー粒子を用いれば遠距離からのレーダーによる探知とミサイル攻撃という従来の戦争概念を崩壊させることができ、その戦争概念の下構成されている地球連邦宇宙軍の戦力を大幅に削ぐことができると考えたからです。つまり、有視界戦闘下における近距離・白兵戦の復活を構想したのです。そしてその為の決戦兵器こそ、人型の機械『モビルスーツ:MS』でした。以後、ジオンは極秘にMSの開発を推し進めていきます。

連邦軍主力 サラミス級宇宙巡洋艦

ジオン公国へ

デギン・ソド・ザビはかねてより独裁的な政治を行っていましたが、その体制をより確固な物とするためUC.69.『ジオン公国』を宣言し公王を名乗ります。この時点ではすでにデギン公王は政治の一線から退いており、実際に政治を主導していたのは長男『ギレン・ザビ』を中心とする子供達でした。これによりジオンと地球連邦の対立はいよいよ深刻となり、戦争は不可避という状況に陥ります。

ジオン公国記章

MSの完成と量産

ジオンはミノフスキー粒子を発見したミノフスキー博士を取り込みモビルスーツの開発を急ぎました。UC.0073.にはジオニック社とツィマッド社の競合試験があり、ジオニック社の『MS-05 ザク』が採用され改良型の『MS-06 ザクII』と合わせて量産体制に入り、MS開発計画は一応の完成を見ました。これでいよいよ戦争への軍備が整ったのです。

MS-05 ザクⅠを視察するギレン・ザビ(右)と軍高官

年表

  • UC.0068:ジオン・ズム・ダイクン死去。デギン・ソド・ザビが実権掌握
  • UC.0069:ミノフスキー粒子発見
  • UC.0069:ジオン公国宣言
  • UC.0073:MS ザクシリーズ採用

主な作品

機動戦士ガンダム・ジ・オリジン2 悲しみのアルテイシア

他多数

UC.0079.への歩み3 暁の蜂起事件

運命の出会い テキサスコロニー

ザビ家の弾圧を避けるため、ジンバ・ラルと共に地球へと逃れたキャスバル・アルテイシア兄妹でしたが、ジンバ・ラルは暴走してクーデターを画策。これによりかねてより監視をしていたザビ家は刺客を放つ事となります。この騒動によってジンバ・ラルは死亡。兄妹は危うく難を逃れましたが、ザビ家に下った姿勢を見せる為にサイド.5.のレジャー施設『テキサスコロニー』へと移住しました。これはヤシマ家のシュウ・ヤシマの支援を受けての事でした。

テキサスコロニーに移住したキャスバルはここで運命的な出会いを果たします。テキサスコロニー管理人の息子『シャア・アズナブル』との出会いです。キャスバルとシャアははたかれ見れば双子かと思うほどそっくりな外見をしていました。ただ一つ違うのは瞳の色で、キャスバルは澄んだ青い瞳をしていました。

シャア・アズナブルの誕生

UC.0074.ジオン公国は来たる地球連邦との戦争に備え軍備拡張を進めていました。シャア・アズナブルは両親の反対を押し切ってジオン公国軍の士官養成学校への入学を計画していました。キャスバルはこれに目をつけます。

キャスバルはサイド.3.に向かうシャアと共に空港へ向かい、隙を見てシャアの荷物に銃を紛れ込ませます。案の定銃がゲートで見つかり困り果てるシャアでしたが、キャスバルは自分の身分証明書と取り換えてゲートを抜けるよう持ち掛けます。

このアイデアに助けられ、シャアはキャスバルとして無事空港を出発することができましたが、かねてよりキャスバルがサイド.3.に来ることを阻止しようとするザビ家の長女『キシリア・ザビ』の手によって乗船もろとも爆殺されてしまったのです。

若かりし頃のシャア・アズナブル

こうしてキャスバルは見事シャア・アズナブルと入れ替わり、盗み出しておいた入学許可証を使ってシャア・アズナブルとしてジオン士官学校へと入学を果たしました。全ては父を殺したザビ家への復讐のためだったのです・・・。

暁の蜂起

ジオン士官学校へ入学したシャアは優れた身体能力と優秀な頭脳とで高い評価を得ていました。ここでシャアはまたも運命的な出会いを果たします。同期であったザビ家の末子『ガルマ・ザビ』との出会いです。最初は敵対的だったガルマでしたが、次第に二人は仲を深めて行き士官学校のリーダー的存在になっていました。

士官学校での演習の様子。ガルマとシャアの姿が見える

ある時、事故によって連邦がサイド.3に損害を与えてしまうという事件が生じ、これを巡る連邦の対応に非難が高まっていました。シャアはガルマを唆して士官学校で蜂起させ、駐留していた連邦軍の基地を陥落させます。この武装蜂起は『暁の蜂起』と呼ばれるようになり、連邦軍とジオン軍はまさに一触即発の状態に陥りました。蜂起を指揮したガルマは英雄的評価を受けますが、実際は戦争の開始をもくろむシャアの陰謀だったのです。

年表

  • UC.0074:ジオン公国軍士官学校にガルマ・ザビ入学
  • UC.0077:『暁の蜂起』事件

主な作品

機動戦士ガンダム・ジ・オリジン3 暁の蜂起

 

次回

開戦への道 UC.0078.

続きます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)