「駅メモ!」もしかして普通に課金しているの?

音楽の門戸 ~調号(スケール)の意味を初心者向けに簡単説明・解説~

初めに

音楽の世界には『調号(スケール)』と言う物があります。調号とは、クラシック音楽などでよく耳にする「~長調」だのといった物の事で、調つまりキー(曲を構成する音の内のメインの音)の変化を記しています。

楽譜によくあるこれが調号

この調号にはいくつかの種類があり複雑です。そこで今回、『音楽の門戸』という初心者向け解説記事の第1回として、それを解説したいと思います。

 

音階

調号について解説するその前に、準備として音階の話、つまり「ドレミファソラシ」(12音階率)のお話をしたいと思います。というのも、~長調の「~」の部分はドレミファソラシに関する事だからです。

まず、ドレミ音階の「ドレミファソラシ」の部分は言語によって変わってくるという事を頭に入れてください。使用する言語によって表し方が変わるのです。

音階を表記する上で我々が主に目にするであろう言語は、イタリア語英語(アルファベット)、そして日本語による表記でしょう。それを以下の表にまとめました。

表1

イタリア語ファ
英語CDEFGAB
日本語ハ(は)ニ(に)ホ(ほ)へ(へ)ト(と)イ(い)ロ(ろ)

勘の良い方ならもう気づいたかもしれませんね。~長調の「~」部分は日本語におけるドレミ音階の事なのです。これでドレミ音階を先に解説した理由が解っていただけたかと思います。

※調号ではなくスケールで表す場合はアルファベットを使う。

 

調号

それでは調号の話をします。先述した通り、調号とは調(キー)の変化を記したものつまり「ドレミファソラシ」の音階がそれぞれどのように変化するのかを記したものです。ではどう変化していると言うのでしょうか。それを説明する前準備として、調号にはどのようなものがあるのか見て行きます。

まず、調号は大きく分けて2種類あります。長調(メジャースケール)短調(マイナースケール)です。この二つはある基準から区別されていますがそれは後程・・・・。

それではどのような変化が起きているのか、ズバリ言うと、♯が付いたか♭が付いたかという変化です。音楽的に言いますと、音が上がる変化をしたか、音が下がる変化をしたかと言う事になります。要するに、「ドレミファソラシ」の位置がどこにどれだけずれるのかという事です。ほとんどの場合どちらか一方の変化だけが起こります。

この「ドレミファソラシ」の位置がどちらにどれだけ移動するかが記されている

長調

具体的な説明は長調・短調分けてそれぞれ説明していきます。まずの付く変化をした長調です。以下の表をご覧ください。

表2 長調(♯)

調名嬰へ嬰ハ
♯音無しファ♯ファ♯+ド♯ファ♯+ド♯+ソ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯+ラ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯+ラ♯+ミ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯+ラ♯+ミ♯+シ♯

右に行けば行くほど新たに一つづつ音が追加されていくのが解るかと思います。追加される音は調名になっている音の一つ下の音です。この法則さえ解っておけば全ての調号を覚える必要はありません。

「嬰」というのは♯の変化をするという事を示すための物です。また、調名のブッキングを防止するという目的もあり、足りない時は重という表記も使い「重嬰ハ長調」という風に表記します。

嬰ハ長調 ♯が七つ付く

 

次に♭の付く変化をした長調の表です。

表3 長調(♭)

調名変ロ変ホ変イ変ニ変ト変ハ
♭音シ♭ シ♭+ミ♭シ♭+ミ♭+ラ♭ シ♭+ミ♭+ラ♭+レ♭ シ♭+ミ♭+ラ♭+レ♭+ソ♭ シ♭+ミ♭+ラ♭+レ♭+ソ♭+ド♭ シ♭+ミ♭+ラ♭+レ♭+ソ♭+ド♭+ファ♭

右に行けば行くほど新たに一つづつ追加されていくのが解るかと思います。追加される音は調名になっている音の四つ下の音です。

変ハ長調 ♭が七つ付く

「変」というのは♭の変化をするという事を示すための物です。また、調名のブッキングを防止するという目的もあり、足りない時は重という表記も使い「重変ハ長調」という風に表記します。

短調

言っておきますが『単調』ではありませんので注意を。それでは上と同じく表をご覧ください。

最初は♯の付く変化をした短調です。

表4 短調(♯)

調名嬰ヘ嬰ハ嬰ト嬰ニ嬰イ
♯音無しファ♯ファ♯+ド♯ファ♯+ド♯+ソ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯+ラ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯+ラ♯+ミ♯ファ♯+ド♯+ソ♯+レ♯+ラ♯+ミ♯+シ♯

右に行けば行くほど新たに一つづつ音が追加されていくのが解るかと思います。追加される音は調名になっている音の一つ上の音です。この法則さえ解っておけば全ての調号を覚える必要はありません。

「嬰」というのは♯の変化をするという事を示すための物です。また、調名のブッキングを防止するという目的もあり、足りない時は重という表記も使い「重嬰ハ短調」という風に表記します。

 

次に♭の付く変化をした短調です。

表5 短調(♭)

調名変ロ変ホ変イ
♭音シ♭シ♭+ミ♭シ♭+ミ♭+ラ♭シ♭+ミ♭+ラ♭+レ♭シ♭+ミ♭+ラ♭+レ♭+ソ♭シ♭+ミ♭+ラ♭+ソ♭+ド♭シ♭+ミ♭+ラ♭+ソ♭+ド♭+ファ♭

長調と同じく右に行けば行くほど新たに一つづつ音が追加されていきます。法則として、調名になっている音の六つ上の音が追加されます。

「変」というのは♭の変化をするという事を示すための物です。また、調名のブッキングを防止するという目的もあり、足りない時は重という表記も使い「重変ハ短調」という風に表記します。

調号名

実は上記の法則を活用するためには調号名を把握していなければなりません。かといって調号名を一つ一つ覚える必要はありません。

♯の付く変化をする調号は四音刻みで名前が変わり、♭の付く変化する調号は三音刻みで名前が変わる。という法則があります。つまり、一つだけ調号名を覚えておけば他の調号名も、変化する音もわかる。ということになります。

ハ長調を基準として考えてみると、ハ=ドの音の四つ上の音はソ=トの音です。つまり、ハ長調の次はト長調ということになります。

確認

かなり複雑でしたが理解していただけましたでしょうか。問題を用意しましたので確認のためにお使いください。表2~5を確認せずに解ければ十分。表1も確認しなければ完璧です。答えは問題の下にあぶり出し(ドラッグ)で確認できるようにしておきました。

①ト長調の次の次の調号名と、その調号の調を全て答えよ。

答え: イ長調 ファ♯、ド♯、ソ♯

②この画像から調号名を考えて述べよ。

答え: 嬰ハ長調

 

③(おまけ問題)変ト長調と同じ音になる調号を答えよ。

答え: 嬰へ長調

コラム 短音階と長音階

ドレミファソラシドの音階には読み方だけでなく内容も種類があります。それは大きく分けて『短音階』と『長音階』の二つなのですが、「短調」「長調」の区分はこのどちらの音階を基本としているかで決まっています。

短音階を使っているものが短調。長音階を使っているものが長調。となるわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)