「駅メモ!」もしかして普通に課金しているの?

【駅メモ!】でんこ評価祭り第5弾 オススメはどいつだ?レベル・タイプ・元ネタ No.51〜No.55【紹介】

駅メモに関連したサイトは数あれど、でんこの性能やらなんやらをきっちり評価したサイトはかなり少ない。
したらば自分でその記事を書けばいいではないか!そんなわけで一連の記事・・・・。

筆:一ノ谷直実

関連記事
「駅メモ!」でんこ【まとめ図鑑】

多数存在するでんこの詳細を「より見やすく」・「より使いやすく」する為に利便性を考え作られました。各弾の【でんこ評価祭り】を基にでんこをまとめた【まとめ図鑑】となっております。

これまで同様、他のサイトには無いでんこ一体一体の詳細な評価を主体としている。また、評価をする上での前提や見る上での注意を下に記すのでぜひ見ていただ(期待)・・・・。

筆:一ノ谷 直実

前提

  • コラボでんこの評価は行わない。また、コラボでんこを考慮した評価は行わない
  • 育成の優先度・編成への編入価値等を★による10段階評価法で評価する
  • 上記の評価の大まかな目安として、★六つ以上は良の評価である

No.51 敷島 ヒメギ しきしま ひめぎ

【タイプ】トリックスター 【属性】heat【色】【誕生日】8月28

【元ネタ】JR上越線:敷島駅

MEMO

情に厚く、頼れる姉御肌のでんこ。横文字や略語、ハイテクなものにはとことん弱いのだとか……。

【スキル】 姉御のホンキ :任意 :確定

スキルアクションボタンを押すと発動。編成内にいるでんこのタイプに応じて、APを『n%』上昇し受けるダメージを『n%』減少させます。30分経過すると疲れてしまい次に使用するまでに『規定時間』休息が必要です。成長すると周りを思う気持ちが大きくなり、AP上昇率とダメージ軽減率がUPし、クールタイムの時間も短縮されます。自分をさておいて他のでんこの面倒を見てしまうので、自身には効果がないようです。

【備考】

1. 同じく蒸気機関車をモチーフにしているでんこに『No.32 コタン』がおり、彼女について言及する事がある。特にラッピングにおけるセリフは事ある毎にコタンコタンなので、当の本人達からすれば相棒みたいな関係なのだろう。

2. スキルレベル3時点において「(横文字が苦手なので)あたしのスキル名はわかりやすいのがいい!」とコメントする。しかし、成長すると横文字が使われた「わかりやすくない」スキル名に変わる事を、このときの彼女はまだ知らない・・・・。

【評価】

ステータス
Lv.1A82H40Lv.50A211H175
Lv.80A312H279【最終】A324H291

際立つほどではないがAPとHPの初期値の差が大きい。にもかかわらず、最終的な値における差はわずかに23。このバランスはサポーターにしては珍しい。

HP

1. 初期値も低い上に序盤の成長もあまり褒められたものでは無い。
 Lv.50までは3弱程度の成長率でチマチマと成長していく。そのためLv.50での値はサポーターの中でも高い方とは言えない。落とそうと思えばいつでも楽に落とせるだろう。

2. Lv.50から成長率が多少改善される。とは言っても、3~4の成長率に変わるだけなので期待していたマスターはムッとする事になるだろう。
 あくまでヒメギはサポーターである事をお忘れなく。最終的な値もサポーターとしては「ちょっと良い」程度の値に収まる。

AP

1. 序盤におけるAPの成長率は、Lv.20までの4をピークとしてレベルが10上がる度に1つずつ低下し、Lv.40中ほどではほとんど変化しないというサポーターやトリックスターに多い成長率となっている。
 Lv.50時点での値は序盤の勢いからすると低く見える。もっとも、初期値が高いためサポーターとしてはかなり良い部類になるのだが。

2. 中盤以降からはやや良い物に変化するというお約束。加えて、成長が止まるまで勢いが変化しないというさらなるお約束が付いてくる。おそらく、でんこの成長にはいくつかパターンが用意されており、それを個々のでんこに合わせて調整しているのだろう。これまで何度同じような事を書いてきたのやら・・・・もう忘れた。
 最終的な値は320を超えるというサポーターらしからぬ程高い値を手にする。対象によっては、補助するでんこよりもはるかに優秀という事もあるだろう。

<スキル>

1. スキルボタンを押して発動。30分間編成内のアタッカー及びディフェンダーの数に応じてAP上昇及びダメージ軽減を行うサポーターのスキルである。

 スキルの説明欄にあるように自分本体には効果がない。

 アクセス時に作用するサポーターのスキルなので『No.40 ハル』及び『No.61 ちとせ』のスキルによって無効化される。
◉ ハルはともかく、ちとせのスキルは非アクセス時にも作用するため併用は避けたい。

2.  AP上昇率はアタッカーの数に、ダメージ軽減率はディフェンダーの数に正比例する。

AP上昇率・ダメージ軽減率はそれぞれ「体数×2.4=%」となっている模様。(スキルレベル4時点・6両編成時)
◉ よってこの時点では最大12%のAP上昇・ダメージ軽減率となる。
◎  10月27日に発表されたバランス調整のお知らせにてスキル効果が上方修正される事が発表された。しかし詳しい事は不明である。他のサポーターと比べてスキルが低性能である事を理由としているようだが・・・・。

3. ディフェンダーの『No.13 いずな』とはスキルの仕様上非常に相性が良い。

両者のスキルには編成内のディフェンダーの数によってダメージ軽減率が変化するという共通点がある。そのため同じ環境で運用しやすい。
◉ また、いずな本人がディフェンダーであるので無駄なくヒメギのスキルを活かせる。

4.No.53 マリン』とはスキルの仕様が非常に近しい事もあり相性が良いように思われる。

ただし、編成の一枠をお互いがつぶしてしまうため両者ともに本領を発揮する事ができない。
◉ 6両編成の場合ヒメギは10%の補正しか掛ける事ができない。(スキルレベル4時点)また、マリンは40%程度の補正しか掛ける事ができない。
◎ つまり、ヒメギのスキルレベルが4時点ではマリン自身が掛ける補正とほぼ変わらないか少ない。よってヒメギのスキルレベルが5以上でなければ特段併用する利点はない事になる。

総評

他のサポーターのとの併用がほとんどできないといった点がやはり問題ではあるだろう。正直言って、『No.13 いずな』なんかを引っ張り出してくる時などのニッチな用途でしか運用は望めない。ただし、調整が入る可能性もあるようなので軽減率次第ではそれなりに活躍が見込めるかもしれない。今後に期待だ。

よって

★★★☆☆☆☆☆☆☆ 星は3つとしたい

 

No.52 浦佐 ノア うらさ のあ

【タイプ】アタッカー 【属性】heat 【色】 【誕生日】4月29日

【元ネタ】上越新幹線、JR上越線:浦佐駅

MEMO

超クールで、ブレることのない強さを持つでんこ。ごちゃごちゃしたものが嫌いで、シンプルな美しさに惹かれる。

【スキル】 カラーオブトレイン :常時 :確率

チェックインしたときに、編成内のでんこのタイプの数に応じて『n%』の確率でAPが上昇することがあります。同じタイプばかりだとあまり上昇しません。成長することで、ノアの美意識が高まり、発動確率が上昇していきます。

【備考】

『カラーオブトレイン』というスキル名のくせして色はスキルに何の関与もない。

【評価】

ステータス
Lv.1A77H57Lv.50A216H172
Lv.80A313H273【最終】A334H285

非常に攻撃的なステータスを持ったアタッカー。スキルによるAP補正を持つアタッカーとしてはそこそこの物である。

HP

1. 何と言う事か、HPのほうがAPより成長率が良い。序盤からしても3~4というなかなかの勢いで伸びていく。しかし悲しいかなそこはアタッカー。Lv.20からはレベルが10上がっていく度に成長率がおおよそ1ずつ下がって行くというあるあるのパターンにハマる。

 そんなワケで、Lv.50時点での値は序盤の勢いの割には中途半端な何ともアタッカーらしいHPになる。
◉ 駅の保持の際には『No.21 しぐれ』の力が欲しい所である。

2. 再びまずまずの成長率に回帰する。これがLv.50過ぎの事である。かっ飛ばしこそしないものの、成長率3~4の値は安定感があってよろしい。ただ。正直言ってもうちょっと派手に伸びてほしいところ。

 やっぱりアタッカーらしい中途半端な最終値になる。その上別段アタッカーの中でも良い値ではない。やはりいつまでたってもしぐれ様様であろう。

AP

1. 存外序盤の成長は穏やかな成長を見せる。むしろ高い最終値へのアンチテーゼとして3弱という平均以下の成長率が与えられているようである。しかもこれ、Lv.50という中盤中の中盤までこのペースで伸びていく。
 スキル無しの状態ではほとんどアタッカーとしての用をなさない。というか、スキル込でようやく並のアタッカーレベルの火力が出せるという有り様である。

2. ようやくよろしいペースで伸び始める。・・・・と本来なら言う所なのだが、この期に及んでもまだ3~4の間の成長率というとんでもない勢いでしか伸びない。さらにさらに、この成長率は終末まで続くものなのである。初期値がそこそこ高くなければ並以下のAPで終わっていた事は疑いようがない。
 散々にこき下ろしているが一応最終的な値はなかなか良好。先にも述べたようにAP補正のあるでんことしては必要以上とも言える程である。

<スキル>

1. 自身の編成にいるでんこのタイプが豊富であればある程、確率でAPが上昇する。

スキル名から惑わされるが、でんこの色はスキルに何の関与もない。

自身のAPを上昇させるスキルなので、『No.33 エリア』のスキルによって無効化される。

 自身の存在はタイプの一種として数えられない。

 スキル発現率の低い低レベル時は、スキルを無視して『No.5 レイカ』と『No.45 カノン』を入れた方が手っ取り早いかもしれない。

詳しく書く事は避けるが、SB69シリーズ等一部のコラボでんこシリーズとは相性が良いように思われる。(前提要参照)

2.No.59 もみじ』のスキルとは共通点が多く、そのため対をなす存在となっている。よって比較を試みた。以下↓

[① AP上昇要因]

もみじ
相手の編成内におけるでんこのタイプの豊富さによって、AP上昇率が決まる。

編成を変える事によって容易に対策されてしまう。
 相手の編成を変更させられるという見方もできる。SB69シリーズ等の一部のコラボでんこ対策としては有効か。

こちらの連結器の数が少なくとも、最大性能を出せる可能性がある。
◉ 最大性能を発揮する事自体は相手が4両編成以上ならばできなくはない。

ノア
自身の編成内におけるでんこのタイプの豊富さによってAP上昇率が決まる。

火力が確定しておりつぶしが効く。

こちらの連結器の数が少ないと最大性能を発揮する事ができない。
◉ 最大性能を発揮する事自体は四つ目の連結器があれば、つまり5両編成以上なら可能。

 

[② AP上昇率]

もみじ
相手編成内のでんこのタイプ一種につきに15%の上昇率。よって最大60%の上昇率である。

ノア
自身の編成内のタイプ一種につき10%ずつ上昇。よって最大40%の上昇率になる。

もみじとの比較ではなくなるが、この値は他のアタッカーのスキルレベル4時点の値に近しい。そのためスキルレベル5時点からは火力的に劣る事になる。
◉ 以上の事柄を踏まえると、ステータスとの関係から最終的な火力が高くなるのは僅差で「もみじ」である。
◎ ラッピングとの兼ね合いは現在調査中である。

 

[③ 効果発現率]

もみじ
まだ調査不足であるが、スキルレベル4時点でおおよそ4割程度であると思われる。

ノア
現状の調査によるとスキルレベル3時点でおおよそ3割強であるようだ。

確率発現という事で他のアタッカーと比べると安定感はがっくりと落ちる。
◉ 『No.34 ひいる』と併用する事を推奨する。それでも不安定である事には変わりないが。

総評

APはアタッカーの中でもなかなか高く、HPも低くないと優秀なステータスをしているのだが、如何せんAPの最大上昇率が他のアタッカーに比べると低く、スキルレベル5以降は見劣りし始める。さらにその上このスキルは確率発現のスキルであるため安定感という面でも他のアタッカーに劣る。火力をコントロールできる利点をどう活かすのかが運用上のカギになるであろう。

よって

★★★☆☆☆☆☆☆☆ 星は3つとしたい

 

No.53 白浜 マリン しらはま まりん

【タイプ】トリックスター 【属性】heat 【色】 【誕生日】7月31日

【元ネタ】紀勢本線:白浜駅

MEMO

超わがまま、ドSなお嬢様。そのプライドは山よりも高いが、実は寂しがりな一面もあるらしい。

【スキル】 唯我独尊 :任意 :確率

編成内にいるでんこのタイプに応じて、『n%』の確率でAPを上昇し受けるダメージを減少させることがあります。ただし効果は自分のみ。成長することでどんどん人使いがうまくなり、発動確率が上昇します。

【備考】

タイプは違うが『No.5 レイカ』と同じツンデレと見る事もできる。

No.41 にちな』とは一緒にいる事が多いようである。付従えているのか、はたまた見守られているのか・・・・。

【評価】

ステータス
Lv.1A78H77Lv.50A196H193
Lv.80A301H297【最終】A313H313

恐ろしくバランスの取れたステータスをしている。そして最終値で見事全くの同値になる。

HP

1. さすがに成長率まではバランス重視ではないようで、序盤はHPはあまり伸びない。成長率は2時々3と少々遅いが、初期値が比較的高いおかげでまだましである。
この成長率は結局Lv.50に至るまで続く。まぁそういうもんだと呑気に構えようではないか。ダメージ減少の補正もあるし、その時点での値も193と案外悪くないし。・・・・あれ、APとの差、ほとんどなくないですか・・・・?

2. 以降の成長率は3と4の間を行ったり来たりする、まずまず良いといった感じの値を維持する。爆発力がないのは少々残念だが、やはりカッカせずにトリックスターだからと割り切ろう。でなければマリンの性格についていけない。
 最終的な値はトリックスターの中では中の下程度と少々悪い。まぁこれにダメージ減少の補正がかかるのだ。そう考えるとなかなか高い部類である。

AP

1. HPの説明文を読んで嫌な予感がした人も多いであろうが、ずんずんと成長していくのは最初だけで、Lv.20過ぎからはレベルが10上がる度に成長率が約1強ずつ悪化していくというお馴染みの成長パターンに陥る。

Lv.50時点でのHPとの差がほとんど無い事がまるでブラフの用である。まぁトリックスターだからあんまり際立ったものにならないのは仕方がない。AP補正スキル持ちのでんこだし。
◉ なんだかんだと言っているがもう一度よく見ると存外悪い数値ではないことがわかる。さすがに他でんこ育成組には敵わないが。
◎ 『No.23 みらい』の175・『No.32 コタン』の175と比べると、AP補正持ちのトリックスターとしては割かし高い部類である事がよくわかる。

2. これ以降はHPとほとんど同じような成長を辿る。最大値にほとんど差がないからある意味解りきっている事ではあるが。

 最終値はまぁ平均的な値である。補正が加わるのでこれぐらいが妥当であろう。むしろ高いかも。そんなわけで、終始育成には苦労するまい。

<スキル>

1. 自編成内のアタッカーの数が多いほどAP補正が。ディフェンダーの数が多いほどダメージ軽減が付与されるというスキル。ステータスと同じくとことんバランサーな性能であるようだ。

自身のAPに補正をかけるという事で、『No.33 エリア』のスキルによって無効化される。
◉ 被アクセス時には干渉されない。よって気兼ねなく使える。
◉ マリンのスキルの補正は アタッカーORディフェンダーの体数×10=%(スキルレベル2時点) よって6両編成時で最大50%である。
◎ スキルのレベルアップによってAP上昇・ダメージ軽減率が変動するのかは不明。ただ、この時点での効果の高さから鑑みて小数点以下の変動に留まるであろう。

2.No.51 ヒメギ』とはスキルの仕様が非常に近しい事もあり相性が良いように思われる。

ただし、編成の一枠をお互いがつぶしてしまうため両者ともに本領を発揮する事ができない。
◉ 6両編成の場合ヒメギは10%の補正しか掛ける事ができない。(スキルレベル4時点)また、マリンは40%程度の補正しか掛ける事ができない。
◎ つまり、ヒメギのスキルレベルが4時点ではマリン自身が掛ける補正とほぼ変わらないか少ない。よってヒメギのスキルレベルが5以上でなければ特段併用する利点はない事になる。

総評

自編成内のアタッカーとディフェンダーの総数によって自身のAP補正とダメージ軽減効果を付与するという攻守に優れたバランサー。ステータスもその通り非常にバランスが取れている。ただ、その反面サポーターを入れる余裕がなくなってしまうというのが難点。サポーターのクールタイムの事を考慮した運用をすればうまい事使いこなせるだろう。

よって

★★★★★☆☆☆☆☆ 星は五つとしたい




No.54 友荷 なより ゆに なより

【タイプ】トリックスター 【属性】eco 【色】 【誕生日】9月30日

【元ネタ】JR荷物車両形式 ユニ

MEMO

情報伝達を目的に生まれたでんこ。運営からのお知らせをマスターに伝えるなど裏方としてお手伝いをしていたが、にころの強い要望で満を持して登場。ヘタレなので、にころの失敗に巻き込まれて一緒に謝る羽目になることもしばしば。

【スキル】 お頼りなの♪ :常時 :確定

獲得した経験値の『n%』の量と同じだけの経験値を、先頭~n両目に編成している自分以外のでんこに与えます。自分が獲得する経験値が減ることはありません。成長するにつれてなよりの責任感が増していき、与える経験値量や経験値を与えられる数がUPします。

【備考】

強い使命感ゆえか、手紙を他人が受け取ろうとしたり粗末に扱う事を許さない。

「♪」という音楽記号は八分音符というものなので、正式なスキル名は「お頼りなの八分音符」ではない。

【評価】

ステータス
Lv.1A82H75Lv.50A205H187
Lv.80A316H290【最終】A328H306

HP

1. 序盤の成長は殆ど無いに等しい。初期値はなかなか優秀なのだがそんなわけであっという間にお釈迦になる。
 Lv.40辺りでようやく4程度とそれなりの成長率になる。これは少々遅すぎるのではなかろうか。
◉ そんなこんなで、Lv.50時点での値は187と若干だがトリックスターとしては低い。

2. Lv.50以降も4程度の成長率で成長をつづける。あれほど序盤が伸びが悪かったのだからもうちょっとほしいと思う人もいるかもしれない。

 しかしそれでも最終的な値は300近い。最低限の値は確保している。

AP

1. HPに反して序盤から4程度の成長理で成長していく。初期値もなかなか高いためかなりの高火力を序盤から期待できる。
 しかし徐々に徐々に成長率は低下していき、Lv.40過ぎではほとんど伸びない。
◉ 故にLv.50での値は期待していたほどは高くならない。残念である。

2. しかしLv.50を過ぎると再び高い成長率を記録する。その勢いを最後まで維持するという点もうれしい。
 最終的な値もまずまず優秀。スキルとの関係からAPが優秀であるというのは非常に喜ばしい。

<スキル>

1. 自身が獲得した経験値の一部を編成内の自分より前にいる特定の位置までのでんこに渡すというスキル。

スキルのレベルアップに伴い、渡せる量と渡せるでんこの数が増えていく。

 他のでんこから譲渡された経験値を譲渡する事は出来ないあくまで自体が獲得した経験値に限る。

2. 同じく経験値譲渡のスキルを持つでんこに『No.20 にころ』がいる。両者の能力の差は以下のようにまとめてあるため、併記したコメントともに参照いただきたい。

[① 対象]

にころ

経験値を渡す対象は「先頭もしくは二両目の一体」と特定の位置にいる一体のでんこにしか効果がない。

なより

「自分より前方にいる一定数のでんこ」と、複数体に渡せる。

[② 経験値譲渡量]

にころ

スキルレベル4時での経験値譲渡率は25%とまぁまぁ。

なより

スキルレベル4時点での譲渡率は8%。かなりの開きがある。

 にころは自身が獲得した経験値のn%と同じだけの経験値を相手に渡す。なよりも同じく、自身が獲得した経験値のn%と同量を相手に渡す。

 しかし、この時点でなよりは四体のでんこに経験値を譲渡できるので、全体で見ればなよりの方が渡せる経験値の量は多い。
◉ 特定の一体のでんこを育成したいのであればなより。広く浅く育成したいのであればにころと使い分けたい。

総評

貴重な経験時譲渡系のスキルを持つでんこ。弱いでんこを育てるうえで非常に役に立つ存在である。しかし、スキルの仕様上譲渡する経験値はいくつかのでんこに分散してしまうため同様のスキルを持つ『No.20 にころ』に比べると一体のでんこを育成するのにかかる時間は多い。育成は特定のでんこ一体に注力したほうが良い場合が多いため、その点を踏まえて評価する。

よって

★★★★★☆☆☆☆☆ 星は五つとしたい

 

No.55 本宿 ひまり もとじゅく ひまり

【タイプ】トリックスター 【属性】cool 【色】 【誕生日】12月27日

【元ネタ】名鉄名古屋本線:本宿駅

ステータス

いつも元気いっぱい、活発なお姉さん。面倒見がよくて明るい性格だが、抜けているところも多々ある模様……。

【スキル】 一体感が大事です! :任意 :確定

スキルアクションボタンを押すと発動。編成内のでんこが身に着けている同じテーマのフィルムの数に応じて、編成内の自分以外のでんこが受けるダメージを『n%』減少します。45分頑張ると疲れてしまい、次の発動まで4時間休憩が必要です。成長するにつれて、ひまりの自信が蓄積されて効果量がアップしていきます。

【備考】

オトナな女性である『No.28 リオナ』と『No.42 そら』とは一緒にお酒を飲みに行くような間柄らしい。という事は日ひまり本人もそこそこ大人なのであろうが、そうは見えない。

中々の酒豪らしく、3人で飲みに行ってもひまりだけはケロッとしている様子。

【評価】

ステータス
Lv.1A58H74Lv.50A177H222
Lv.80A263H333【最終】A275H349

HPがかなり優遇されている。サポーターとしてはバランスがあまりよくない部類であろう。

HP

1. Lv.50までの成長率はまさしく竜頭蛇尾と言えるような代物で、Lv.20までの5~4の成長率からLv.40代で1弱の成長率まで落ち込む。

Lv.30まで持っていく事ができれば並のサポーター並のHPを手に入れられる。追い上げがどんどんなくなっていく点はつらいが、スキルレベルとの観点からもLv.30までは一息つかず一気に育てたい。

 Lv.50時点での値はトリックスター並みの高水準。ただ、安心できるほどには高くないのでやはりそこは補助をつけるなりといった対応が求められる。

2. Lv.50以降は成長率4程度とVの字に回復し再び勢いづく。

 後半時点ではかなりHPも高くなっているので、編成に入れるついでにリンク保持要員としても運用可能になるだろう。

AP

1. APは序盤の成長率が3弱と芳しくないが、中盤から終盤にかけても似た様な成長率が続くためリンクを取りに行く一般的な育成は難しい。

 育てるにあたっては『No.10 いろは』や『No.20 にころ』なんかの育成用でんこの存在が重要になってくるだろう。有ると無いとではだいぶ育ち方の印象が変わってくるだろう。

2. 先述した通りLv.50以降の中後半部分も成長率は多少改善されるだけで大差はない。

 HPが高くなるのでリンク要員に使いたい所なのだが、肝心のリンクを取るための火力が足りない。

スキル

1. 自分以外の編成内のでんこが受けるダメージを、同種のラッピング(を付けているでんこ)の数に応じて軽減する。
2月5の「今後のアップデートについて」にて全てのスキルレベルにおいて効果の増加が告知された。
◉ 2月中頃の実施が確定している。2月14日現在行われていない。

 編成の内容に応じて性能が変わるというNo.50代のでんこに多いタイプのスキル。

 自分自身の存在も一種とカウントされるようである。

2. 編成内のでんこの受けるダメージを軽減するという事で、『No.14 ふぶ』のスキルとは共通する点がある。よって両者のスキルを比較してみた。

[① スキル詳細]

ふぶ

ふぶ本体を含めた編成内の全でんこに効果がおよぶ

ひまり

ひまり本体には効果がない。

 ただし、スキルの効果的に自身の付けているラッピングはカウントされる。

結論

ふぶのスキルは自体にも効果が及ぶためリンク要員としても活用しやすい。対してひまりは自体には効果が及ばない。

[② ダメージ減少率]

ふぶ

スキルレベル4時点で19%の軽減率を持つ。

ひまり

1. スキルレベル4時点で18%であるが、これは6両編成での話なので事実上15%が最大軽減率である。

 計算式は (同種のラッピング数-1)×3.0=%

 編成に入れるでんこの内容を考慮しない事などありえないので、編成に入れたいでんこ全てにラッピングを統一させるとなるとかなり難しい。

結論

他者の関与なくスキルを使えるふぶはかなり汎用性が高いと言える。ひまりもなかなかの軽減率を持ってはいるのだが、本領を発揮させるにはそれなりの課金や運が求められるだろう。

[③ 効果継続時間]

ふぶ

強力なスキルに配慮してか30分と短め。

ひまり

継続時間は45分とふぶよりは少々長い。

結論

ふぶよりも15分長い45分間確実に発揮してくれるというのはひまりの強み。その点で見ればかなり安定感はあるだろう。

[④ クールタイム]

ふぶ

ふぶのクールタイムは2時間とまぁまぁ。短くはないが長くもない。

ひまり

ひまりのスキルのクールタイムは4時間とかなり長い。

結論

長時間にわたって使いこなすには少々ひまりのスキルはクールタイムが長すぎる。効果継続時間は15分しか差がないのにこれは少々ひどい。

総評

使いどころはまぁあるスキルではあるのだが、如何せん本領を発揮させる環境を用意する事が難しく、もっと手軽に同じ程度の軽減率を保証してくれる『No.14 ふぶ』の存在に負けてしまう。ただ、やはりダメージ軽減の方法の一つとなるには違いないので余裕があれば育てておいても損はない。

よって

★★★★☆☆☆☆☆☆ 星は四つとしたい

 

筆:一ノ谷 直実

関連記事
「駅メモ!」でんこ【まとめ図鑑】
多数存在するでんこの詳細を「より見やすく」・「より使いやすく」する為に利便性を考え作られました。各弾の【でんこ評価祭り】を基にでんこをまとめた【まとめ図鑑】となっております。

4 Comments

ぜり

◉ 特定の一体のでんこを育成したいのであればなより。広く浅く育成したいのであればにころと使い分けたい。 これ逆ではないですかね?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)