「駅メモ!」もしかして普通に課金しているの?

【駅メモ!】でんこ評価祭り第6弾 オススメはどいつだ?レベル・タイプ・元ネタ No.56〜No.60【紹介】

駅メモに関連したサイトは数あれど、でんこの性能やらなんやらをきっちり評価したサイトはかなり少ない。
したらば自分でその記事を書けばいいではないか!そんなわけで一連の記事・・・・。

関連記事
「駅メモ!」でんこ【まとめ図鑑】

多数存在するでんこの詳細を「より見やすく」・「より使いやすく」する為に利便性を考え作られました。各弾の【でんこ評価祭り】を基にでんこをまとめた【まとめ図鑑】となっております。

これまで同様、他のサイトには無いでんこ一体一体の詳細な評価を主体としている。また、評価をする上での前提や見る上での注意を下に記すのでぜひ見ていただ(期待)・・・・。

筆:一ノ谷 直実

前提

  • コラボでんこの評価は行わない。また、コラボでんこを考慮した評価は行わない
  • 育成の優先度・編成への編入価値等を★による10段階評価法で評価する
  • 上記の評価の大まかな目安として、★六つ以上は良の評価である

それではご覧あれ!

No.56 橿原 らら かしはら らら

【タイプ】ディフェンダー 【属性】heat 【色】 【誕生日】12月13日

【元ネタ】近鉄橿原線、近鉄南大阪線、近鉄吉野線:橿原神宮駅

MEMO

奈良育ちのでんこ。非常におおざっぱな性格で、マスターを困惑させることも多い。とあるでんこにとっては幼馴染みの優しいお姉さんなのだとか。

【スキル】 やる気タイム :常時 :確定

朝から夕方の時間帯だけ他のでんこから受けるダメージを『n%』軽減し、夜の時間帯は受けるダメージが増加します。成長することでららがなんとな~くやる気を出して、軽減量がUPしていきます。

【備考】

1. 「かしはららら」これほど言いづらいフルネームを持つでんこはいないだろう。

2. とあるでんことは、すなわち『No.39 るる』であろう。『No.22 レン』からも「らら姉」と呼ばれて親しまれている。

3. 何かと大雑把で会話に困る。なぜこうも関西生まれのでんこは曲者が多いのか。
 時間に関しても大雑把な描写がある割には、スキルの効果時間は秒単位で正確。何なんだいったい。

【評価】

ステータス
Lv.1A54H87Lv.50A161H262
Lv.80A241H342【最終】A253H358

AP
1. ディフェンダーという事で初期値からあまりよい数値ではない。成長率も序盤から苦しみ、2の成長率でじわりじわりと伸びていく。
 Lv.50に至るまでこれに変化はないため、根気よくコツコツと育てていきたい。

2. スキルの強力さ故にLv.50時点での値はかなり低い。自力でリンクを取る事はかなり難しいので『No.10 いろは』のスキルとAPを活用したい。

3. Lv.50を越えると成長率が3となり、ちょっとではあるものの改善される。もう少し欲しい所ではあるが致し方ない。
 最終的な値は全体の下の中辺りの値になる。ディフェンダーの宿命と思ってあきらめる他ない。

HP
1. 低いAPの反面、初期値はディフェンダーらしい素晴らしい値を見せてくれる。

2. 成長率に関してだが、APと同様強力すぎるスキルに対するアンチテーゼとしてなかなか酷い数値を見せつけてくれる。
 序盤に関してだけで言えば1以下である。育成には本当に苦労させられるであろう。
◉ ぐんぐんと改善されてはいくので、Lv.50辺りでは5強と十分な値になる。
◎ なんだかんだ、Lv.50時点での値は260越えとディフェンダーでもなかなかお目にかかれないような数値になる。ここまで来れば育成も一段落ついたと見ていいだろう。

3. Lv.50以降からは成長率が2~3と再びガクッと落ちる。
 結局最終的な値はディフェンダーとしては少々低めの350ちょい。スキルがあるので仕方がないか?
◉ ルナより20近く劣る事になるのでやはり少々低い。

<スキル>
1. 午前6時から午後5時59分までの間自身が受けるダメージを減少させるが、それ以降は30%増しでダメージを受ける。

 被アクセス時に自身にのみ作用するスキルであるため、『No.22 レン』のスキルによって無効化される。

 午前6時からの半日間確実に発現する。という事で非常に安定した防御を実現できる。
◉ 午後6時以降はダメージが30%増しという事で殆ど役に立たない。
◎ 属性が追加されたため特にその傾向は強い。

 『No.3 ルナ』とはスキルの効果時間が真逆である点以外全く同じスキルである。
◉ 軽減率も同じく最大で50%。スキルレベル4時点で25%である。

総評

No.3 ルナ』と同じく、高い軽減率と半日間確実に発現するスキルとで、安定した防御を非常に長期間実現するというディフェンダーのお手本的性能を持つでんこ。初心者・上級者を問わず使いこなしやすい点も特徴で、序盤の育成の問題さえクリアできれば非常に重宝するだろう。ただ、ディフェンダーとしては少々HPが少なめなので『No.22 レン』には注意しなければならない。

よって

★★★★★★★☆☆☆ 星は七つとしたい

 

No.57 岩国 みづほ いわくに みづほ

【タイプ】サポーター 【属性】eco 【色】 【誕生日】6月17日

【元ネタ】JR山陽本線:岩国駅

MEMO

いつもぼんやりしている、ちょっぴり不思議なでんこ。口数は少ないものの、感情表現は意外と豊か。表情を見れば、なんとなく考えていることがわかるのだとか…。

【スキル】 風のように水のように :任意 :確定

スキルアクションボタンを押すと発動。みづほ自身と同じテーマのフィルムを身に着けているでんこが受けるダメージを『n%』減少させ、APを『n%』上昇させます。自分自身も効果の対象で、何もフィルムを身につけていない場合でも他のでんこが同じ状態であれば効果を発動します。30分間頑張ると疲れてしまい、次の発動まで3時間休憩が必要です。成長するにつれて、みづほが心を開いていくので効果量がアップしていきます。

【備考】

1. 全然しゃべらないのでアレだが、考えている事は見た目相応の幼くかわいらしい物

2. 語尾に「です」をつけるのが口癖のようだ。

3. 曰く『No.2 メロ』と『No.1 セリア』は器用だとか。セリアは機械関係以外の事についてはそうかもしれないが、メロ・・・・?

【評価】

ステータス
Lv.1A61H62Lv.50A183H187
Lv.80A275H285【最終】A291H292

中々のバランスを誇るステータス。見どころは無いが、総合的にはまずまず。

AP
1. 初期値は普通。序盤の成長率も3程度とまあ悪くはないだろう。

2. Lv.20辺りから徐々に徐々に成長率が低下を始め、Lv.40代ではほとんど変動しなくなる。
 そのため中間地点での値は非常に中途半端。サポーターなのでこんなものであろうか。

3. Lv.50以降の成長率は再び3程度とそこそこの成長率に戻る。
以後はその成長率を維持するため、最終的なAPはまあまあといった値に落ち着く。

HP
1. HPはAPとは全く逆に、最序盤はほとんど変動しないが徐々に成長率を高めていき、Lv.40代では4程度の成長率で成長していく。
 序盤の成長の遅さが響いたのか、少々微妙な値で一旦成長を終える。

2. グレードアップを経て再び成長を開始してからは、成長率3という落ち付いた成長を見せる。
以後成長率が変動する事は無いので、最終的な値は中間時点と同じくやや平均から低い値。

<スキル>
スキルボタンを押して発動。自分が身に着けているラッピングと同じ種類のラッピングを着けているでんこに対してAP補正とダメージ減少補正をかける。

スキルの説明には書かれていないが、スキルの成長と共に効果継続時間が上昇する。
◉ 上昇するのはスキルレベル4になった時だけである。

 自身もスキルの効果を受ける。
◉ よって多少なりとステータスが強化される事になる。

AP上昇率・ダメージ軽減率ともに補正はスキルレベル4時点で12.5%
◉ 同じく軽減のスキルを持つ『No.14 ふぶ』や『No.55 ひまり』の軽減率からは3~6%程劣る。しかし、ふぶよりも継続時間は最大で15分長く、ひまりよりもスキル活用の環境を整える事が容易。
◎ ひまりのスキルの仕様にふぶのスキルの利便性を組み込んだようなスキルである。

No.40 ハル』や『No.61 ちとせ』のスキルによって無効化される可能性がある。
◉ 特にちとせは自編成内のサポーターのスキルも無効化するため併用は避けたい。
◎ 相手がサポーターの補助を付けて攻撃(防御)しているのでこちらもサポーターの補助を付けて防御(攻撃)しているが、お互いが素の状態で戦ったほうが受けるダメージが減少(増加)するというならば、ちとせと併用する事も手段の一つではある。

何もラッピングを着けていないという状態もラッピングの一種として扱われる。そのためラッピングが無いなら無いでもスキル的には困りはしない。
◉ 当然ラッピングそのものの補正が無いのであったほうが何かと便利だが、それはラッピングの性能であってスキルには何の関係もない。

総評

編成内の他でんこに関連するというNo.50代のでんこに多いスキルを持つ。決して強力なものでは無いが、それなりの効果と使い勝手なので持っていれば育てる価値はある。ただし、ステータスは少々序盤が慌てふためいているため育成にはてこずるかもしれない。だが、困難という程ではないので安心していいか。

よって

★★★★★☆☆☆☆ 星は六つとしたい

 

No.58 妹尾 まりか せのお まりか

【タイプ】トリックスター 【属性】cool 【色】 【誕生日】4月10日

【元ネタ】JR宇野線:妹尾駅

MEMO

ヒミツでいっぱいのセクシーなお姉さんでんこ。大人の余裕でマスターをからかうのが好き。博識で色々なことに通じているが、その情報源もすべて謎に包まれている…。

【スキル】 ファム・ファタール :任意 :確定

スキルアクションボタンを押すと発動。相手から攻撃を受けてリブートした際に、自分が受けたダメージを与え返します。アクセス時に相手からカウンターを受けてリブートした場合も有効です。有効時間は『n時間』。効果終了から2時間はゆっくりと休憩するようです。成長するにつれてまりかの魅力がUPし、効果時間が伸びていきます。

【備考】

1. スキル名のファム・ファタールとはフランス語で悪女の意。なぜにフランス語かは不明。

2. マスターに対して色仕掛けをしてからかっている。そのためマスターを狙っているでんこ『No.30 レーノ』からは警戒されている。その上、ムキになるレーノを見て面白がっているというとんでもないでんこ。

3. 妹尾という名前とH(エイチ)と来れば、妹尾 河童の小説『少年H』を思い浮かべる・・・・いや無いか。

【評価】

ステータス
Lv.1A71H80Lv.50A212H240
Lv.80A318H360【最終】A330H376

全体を通してAP・HP共に良好な値であり、欠点など全く持って見当たらない。特にHPはディフェンダー並みの値を誇り、スキルとの兼ね合いもあって防御面は無敵状態である。

HP
1. 序盤から成長率が5というさまじい勢いで伸びていくため気持ちが良い事この上ない。
Lv.20を超えるとさすがにやや速度が低下し、Lv.30を超えると成長率は2程度に落ちている。Lv.40後半ではついに動かなくなってしまう。
◉ Lv.50時点での値は何と240。トリックスターとしてはトップクラスの値である。

2. Lv.50を超えると成長率は4を維持する。
最終的な値については先にも述べた通りで、ディフェンダーもかくやといった値である。

AP
1. 序盤の成長率は3と平均的。しかし成長が鈍化する事がほぼないため、高い初期値と相まってLv.50時点でも200を優に超える。

2. なんと、Lv.50を越えても成長率が悪化しない。むしろ良い物に変化し、Lv.80時点での値が350を上回る。

<スキル>
スキルボタンを押して発動。スキル効果継続時間内に相手から攻撃を受けてリブートした際、その時受けたダメージをそのまま与え返す。同じくカウンターのスキルを持つ『No.7 シーナ』のスキルと比較しつつ、このスキルについて考察、評価していく。

 

[① 発現条件の差異]
シーナ
相手から攻撃を受けた際に一定確率で反撃、つまり攻撃する。

 被アクセス時に自身のみに作用するスキルであるため『No.22 レン』のスキル効果によって無効化される。

リブートされると発現しない。
全力を持って攻撃されるとスキル効果が発現されず無意味と化す。
◎ 対策としてダメージ軽減系スキルとの併用が望ましい。

 フットバース及び『No.2 メロ』のスキルによる攻撃を受けた場合。
◉ 要確認。

まりか
ダメージを受けてリブートした際に、その時受けたダメージを与え返す。

 被アクセス時に自身にのみに作用するスキルであるため、レンのスキルの効果によって無効化される。

ダメージを受けた事を原因とするリブート時にのみ発現する。
フットバース及びフットバースと同じ効果を持つメロのスキルには対処できない。

比較
1. シーナはリブートされるとスキルが発現しないため高火力で攻撃される事への対策が求められる。

2. まりかはリブートしさえすればいいが、リブートされないかぎりはなにもできない。

3. レンのスキルによって無効化される点は同じ。

 

[② カウンターの仕様の差異]
シーナ
攻撃であるため、自身のAP・ラッピング及びスキルによる効果と相手のラッピング・スキルによるダメージ軽減の効果によって与えるダメージが変動する。

フットバース及び猫パンチを用意していた際、それらは使用される。
フットバースに関してはリブートされた場合スキルが発現しないため関係ないか。
◎ スキルの発現要因を要確認

 攻撃ではあるがアクセスした扱いにはならない。

まりか
ダメージを「与え返す」ため、可能な限り大きなダメージを受けたほうが良い。

サポーターのスキルとは併用しないほうが良い。ラッピングも効果継続時間を延ばすものを選んだほうが良い。

 ねこぱんち及びフットバースは使用されない。

 アクセスしたわけではないため、5分を待たずその場でアクセス可能。
◉ スキルによって相手を倒したとしてもリンクは張り直されないので注意。駅が不在となっている間にリンクし直さねば他のマスターにリンクを取られてしまう。
◎ 五分以内に複数回も攻撃が来るような高アクセス地域・時間帯での運用は難しい。
◉ 相手がカウンターによるダメージを耐えたとしても、すぐさまこちらがアクセスすれば合計ダメージが非常に高くなる。
◎ 多少のレベル差があっても対処可能。
最低5分毎に状態を確認しなければスキルの効果を活かせない。

比較

1. シーナはダメージ計算が通常のアクセス時と同じ方法であるため、元々APの低いシーナではあまり高火力は期待できない。また、相手にサポーターによる防御を固める等して対策されやすい。

2. まりかは相手が与えてきたダメージをそっくりそのまま与え返すためスキルを覚えさえすれば十分に活躍が可能。特にアタッカーに対しては無敵の強さを誇る。また、対策もされにくい。
ただし、小さなダメージでリブートされると小さな反撃しかできないため、常にHPを満タンにしておいたほうが良い。
◉ それ故バッテリーの消耗は激しい。
◉ 最大HPが少ない序盤のほうがリブートしやすいため、ある意味ではその頃のほうが強いかもしれない。

 

[ 発現率の比較]
シーナ
確率発現であるため発現しない事もある。
発現率はスキルレベル4時点で5%前後。

まりか
確定発現。つまりスキル効果継続時間内であれば必ず発現する。

比較

1. シーナのスキルはまず発現しないものと見ていい。

 スキルレベル7にもなれば発現率は10%を超えるためそれなりには使えるようにはなる。

ただ、シーナは元々HPが50強少なくなった代わりにカウンタースキルを手に入れた『No.12 もぼ』と言ったほうが正しいので、あまり気にしなくても良いかも知れない?

2. まりかのスキルは必ず発現するので、抑止力としては抜群の効果を持つ

以上

総評

ステータスとスキルの効果による相性は頭を掻きむしりたくなるほど厄介。対抗できるでんこは事実上『No.12 もぼ』と『No.22 レン』の二体しかいない。しかし、5分以内に何度も攻撃が飛んで来るような状況下ではスキルがイマイチ活かされず、また「監視」レベルで状況確認をせねばスキルによる利点を最大限に活かせない。よって最大の問題はプレイヤー本人への負担の大きさと言えるだろう。

よって

★★★★★★★★☆☆ 星は八つとしたい




No.59 嵯峨野 もみじ さがの もみじ

【タイプ】アタッカー 【属性】heat 【色】 【誕生日】4月27日

【元ネタ】嵯峨野観光鉄道路線名:嵯峨野

MEMO

お調子者でにぎやかなムードメーカー。人懐っこく甘え上手で、誰とでも仲良くなるのが得意。一方で、ちょっぴり寂しがりやなところもあるようで……?

【スキル】 飛びつき型ディーゼル :常時 :確率

チェックインしたときに、相手の編成内のでんこのタイプの数に応じて『稀に』確率でAPが上昇することがあります。相手のでんこが同じタイプばかりだとあまり上昇しません。他のでんこに会うと嬉しさのあまり、出会いがしらに突撃ハグしてしまうもみじ。成長することで、もみじの遠慮がなくなり、発動確率が上昇していきます。

【備考】

1. 得意技は出会いがしらの突撃ハグという名のタックル

2. 寂しがりなのか、一人でいる事が苦手。その寂しさをハグにぶつけます。

【評価】

ステータス
Lv.1A63H64Lv.50A189H193
Lv.80A284H290【最終】A296H306

アタッカーとしては珍しくバランサーである。

AP
1. 初期値はまあ普通なのだが、序盤の成長率は2~3と少々微妙。よってLv.50時点でのAPはアタッカーの中ではかなり低い。
 あの『No.30 レーノ』よりも1だけだが低い。如何に低いかお解りであろう。

2. そこからの成長率は3~4の成長率とやや改善されるものの、3の成長率が実質メインなのでやはり大した値にはならない。
 そんなこんなで最終的な値も300に届かない。アタッカーとしては最低クラス。
◉ スキルによる補正を考慮してのものと思われる。

HP
1. 最序盤の成長率は4とAPに反してこちらは良く伸びる。ただ、Lv.20を過ぎたあたりで徐々に成長率が下降してLv.40代ではほとんど伸びないあるあるのパターン。
Lv.50時点での値は190越えとアタッカーとしてはかなり優秀。何気にAPを上回る。

2. Lv.50以降の成長率は3~4とこれまた悪くない数字で伸びていく。

3. 最終的な値はアタッカーの中では中程度。アタッカーは後半にHPが激増するでんこが多いため、それらから比べると少々上がりきらなかった感がある。

4. もっとも、アタッカーという事で『No.21 しぐれ』の支援が入るため、この程度のHPならばある程度は安定した防御が行える。

<スキル>
1. 相手編成内のタイプの多さに比例して自身のAPに補正を掛けるスキル。
自身のAPに補正を掛けるスキルであるため『No.33 エリア』のスキルによって無効化される。

2. 『No.52 ノア』のスキルとは共通点が多く、そのため対をなす存在となっている。よって比較を試みた。以下↓

[① AP上昇要因]

ノア
自身の編成内におけるでんこのタイプの豊富さによってAP上昇率が決まる。

 火力が確定しておりつぶしが効く。

 こちらの連結器の数が少ないと最大性能を発揮する事ができない。
◉ 自身の存在は一種としてカウントされない。
◎ 最大性能を発揮する事は4つ目の連結器があれば可能。

もみじ
相手の編成内におけるでんこのタイプの豊富さによって、AP上昇率が決まる。
 編成を変えられる事によって容易に対策される。
 しかし、相手の編成を変更させられるという見方もできる。SB69シリーズ等の一部のコラボでんこ対策としては有効か。

 こちらの連結器の数が少なくとも、最大性能を出せる可能性がある。
◉ もっとも、最大性能を発揮する事は相手が4両編成以上であれば可能。

 

[② AP上昇率]

ノア
自身の編成内のタイプ一種につき10%ずつ上昇。よって最大40%の上昇率になる。

 もみじとの比較ではなくなるが、この値は他のアタッカーのスキルレベル4時点の値に近しい。
◉ スキルレベル5時点からは火力的に劣る事になる。
◎ ラッピングとの兼ね合いは現在調査中である。

もみじ
相手編成内のでんこのタイプ一種につき15%の上昇率。よって最大60%の上昇率である。
この値はあの『No.30 レーノと同じ値である。

以上の事柄を踏まえると、ステータスとの関係から最終的な火力が高くなるのは僅差で「もみじ」である。

 

[③ 効果発現率]

ノア
現状の調査によるとスキルレベル3時点でおおよそ3割強であるようだ。
 確率発現という事で他のアタッカーと比べると安定感はがっくりと落ちる。
◉ 『No.34 ひいる』と併用する事を推奨する。それでも不安定である事には変わりないが。

もみじ
まだ調査不足であるが、スキルレベル4時点でおおよそ4割程度であると思われる。

 

総評

効果は強力なのだが、相手の編成に依存するという事でやや使い勝手が悪いスキルが特徴的。相手の編成をまずは把握する事が肝要となる。そういった点で見ると奇襲には向かないかもしれない。ステータスがあまり優秀でない点は考え物。HPは平均的でその上『No.21 しぐれ』の補助も入るのでまだいいが、APの低さは少々ネックになる時があるだろう。もっとも、補正率はすさまじいので最大性能を引き出せさえすれば非常に手痛い攻撃を放てる。

よって

★★★★★☆☆☆☆☆ 星は五つとしたい

 

No.60 倶利伽羅 しおり くりから しおり

【タイプ】トリックスター 【属性】cool 【色】 【誕生日】3月14日

【元ネタ】JRいしかわ鉄道線:倶利伽羅駅

MEMO

お姉さんぶりたいお年頃のでんこ。しっかり者だけど、ちょっぴり口うるさい。まだまだお子様なので、結構な確率でドジを踏んでしまう。泣き虫な一面も……?

【スキル】たぶん確実なアドバイス :常時 :確率

編成内にいる自分以外のでんこがリンクを解除した際、そのでんこが獲得する経験値を『n%』の確率で『n%』増加させることがあります。増加する経験値の量は解除した駅の数に応じて変化します。あなたと出会ってやる気満々のしおり。まだまだ失敗ばかりですが、成長することでドジが減り、発動する確率が上がっていきます。

【備考】

1.No.14 ふぶ』と『No.35 いおり』に次ぐ第3のメガネっ娘『No.28 リオナ』も娘と呼ぶのなら話は別だが。

2. どっかで見た事があるような委員長タイプのでんこ。

【評価】

ステータス
Lv.1A80H70Lv.50A190H205
Lv.80A285H320【最終】A297H336

AP
1. 序盤から中盤に至るまで3弱の成長率しかなく伸びに欠ける。
初期値が高い事もありLv.50時点での値はまずまずの物にはなる。

2. 多少改善されるものの、以後も成長率は同じような値を維持する。
よって最終的な値は当たり障りのない290ちょっとという値。でもまぁサポーターとしては十分。

HP
1. 初期値はちょっと良い程度。成長率は序盤が最盛期で、以後どんどん低下していきLv.40過ぎではほとんど動かない物である。
Lv.50時点としては何とも普通な200ちょい。まぁ防御はそこそこできるであろうが。

2. Lv.50以降は成長率が大いに改善され、4というなかなかの速度で成長していく。
最終値は330越えというなかなか高い値になる。リンク要員としての使い道もあるかもしれない。

<スキル>
1.No.20 にころ』や『No.54 なより』と同じ経験値譲渡系のスキルである。ただし、自身の力だけではスキルの効果を発揮できない特殊なものである。

[① スキルの仕様]
自分以外のでんこがリンクを手放した時、その駅数に応じて規定数経験値を渡す事がある。

 譲渡量は、スキルレベル4時点で 手放した駅数×350PT
◉ よって積極的にボチャレを狙いに行くのが吉
◉ スキルのレベルアップに伴い50PTずつ量が増えていく。
◎スキルレベルが3になった時だけ何故か増えない。これはスキルの説明と矛盾する。何らかの修正が入る可能性あり。説明のほうに入るかもしれないが。

「にころ」や「なより」と違い自身は特に何をする必要も無い。
◉ 確率発現であるため、2体と違い必ず譲渡できるわけでは無い。
◎ 発現率はスキルレベル4時点で3割程度と思われる。『No.34 ひいる』の補助やラッピングの効果も付けばまだ上がる。
◉ 育てたい対象がリンクを取る必要があるため、リンクを取れない低レベルでんこの育成は難しい。
◎ リンクを安定して取る事のできるレベルでは、譲渡された経験値単体ではあまり足しにならない。初動の高いリンクボーナスだと考えたほうが良いか。もちろんボチャレをしているなら別であるが。

[②発現要因の判定]
1. 対象でんこがリンク中にダメージを受けてリブートした。
 『No.7 シーナ』『No.38 くに』『No.58 まりか』等のカウンタースキルによって駅を手放した場合も含む。

2. 対象でんこがリンク中に『No.2 メロ』及びフットバースの効果によりリンクを手放した。
その際はフットバされた駅分の経験値のみ譲渡する。

3. 一駅もリンクしていない状態でまりかをリブートさせた直後、スキルによるカウンターによってリブートした。
まりかのスキルでリブートした際はその駅にはリンクされていない扱いになるのだが、なぜかスキルが発現する。

 シーナのスキルもカウンターであるが、シーナはリブートするとそもそもスキルが発現しない。

4. 『No.10 いろは』及び『No.41 にちな』が自身のスキルでリンクを手放した
 未確認であるが、「リンクを解除した」の条件に当てはまるため発現するものと見ている。

総評

経験値譲渡系スキルであるが、確率発現という事もあり安定的に運用する事は出来ない。しかし使い方によってはなかなかに多くの経験値を譲渡する事ができるスキルである。当の本体の育成に関しても、平均的なAPとHPを持っているため補助を十分に付けてやればさほど困らないと思われる。とりあえず育ててみても見返りはあるでんこではないだろうか。

よって

★★★★★☆☆☆☆ 星は六つとしたい

 

今回はこれまで!

お付き合いいただきありがとうございました。 一ノ谷 直実

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)